腰・肩の予防

腰や肩の予防と健康管理

全身の症状として大切なのは体を冷やさない。
腰やお腹は衣服などで守る。
就寝中も外出中も上のシャツなどはズボンに入れるのが望ましい。
胃腸不良になるほかホルモンの働き・だるさが出やすくなるためです。

20140229

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹筋を収縮して鍛えるのもありですが

特に腹筋が柔軟で、しっかりお腹 胸がしっかり張ることが出来るよう

腹筋がしっかり伸ばせるように意識してみてください。

座る座面も坐骨があたる様に「骨盤前傾」して座れば

腰や方の筋肉は弛緩して「楽」になります。

ぜひ、お試しください。

お問い合わせは

************

からだ塾なごみ 和らぎ整骨院

584‐0072大阪府富田林市高辺台2-9-15
Tel 0721-28-2020
http://yawaragi2020.com
info@yawaragi2020.com

************

和らぎ治療室なごみ 新大阪

大阪市東淀川区東中島1-17-5-506号室
0120-81-0301
http://yawaragi2020.jp

 

 

しゃがむ 姿勢は大切

3693605

しゃがみ姿勢は力学的にみて、背骨への負担が大きいだけでなく、

他人に悪い印象をしばしば与えることがあります。

特に、下から見上げられた人は、 ある場合は反抗、ある場合は卑屈などマイナスにとられる。

姿勢は身体全体による表現でもあるようです。

起立姿勢は静止していても歩行と同様に、次への活動が期待される。

身体全体で表情を出すためには、

6__ (3)

背骨元気で!